ワキガでお悩みのあなた!原因をチェックして改善させましょう。


by itlp1aqp

ワキガは再発する?

重度のワキガの場合には、根本的に完治させる為に手術を受ける事が必要となってきますが、それでも手術をしてワキガが再発したケースは多数報告されています。


ワキガの手術と言うものは、ニオイの原因となっているアポクリン肝腺を全て取り除く事で治療をしています。


このアポクリン肝腺を全て除去出来ていれば再発する可能性もほとんど無いのですが、皮膚の真皮にまでアポクリン肝腺の根の一部が潜り込んでいる場合があります。


こういう場合には、熟練した技術力が必要となってきますので、十分な経験のある病院で手術を受けないと、実際にはアポクリン肝腺の全てを除去すると言う事はむずかしいだと言われているのです。


また、成長期のうちにワキガの手術をしてしまうと、成長するにつれてアポクリン腺(この汗腺から分泌する汗は細菌が繁殖しやすく、悪臭の原因にもなります)も元に戻ってしまう可能性が高いとも言われていますね。


ワキガは手術をして完治したと思っていても、何年後、または、何十年後になって再発してしまう事も少なくありません。


折角、手術をして長年の悩みから解放されたと思っていても、思わぬ時期に再発してしまってショックを受けないようにするのでにも、ワキガの手術を受ける際には、様々な病院でカウンセリングを受けるようにして下さい。


近年、全国にワキガ治療専門の病院が多数でき、専門医も数多くの中から選ぶ事が出来るようになりました。


信頼出来る先生に巡り会う事がワキガの再発を防ぎ、完治するための第一歩ともいえるのではないでしょうか。
[PR]
# by itlp1aqp | 2012-10-27 16:07 | ワキガ
ワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)の原因は人それぞれ違ってくるものですが、ワキガが出始める時期はだいたい思春期(思春期うつ病を患ってしまう子も増えているようです)頃と言われています。


それは、ワキガの原因の一つである「ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の崩れ」が発生してしまいやすくなるからです。


思春期の頃は、女性は女性ホルモンが増加し、男性は男性ホルモンが増加するわけですが、男女ともに男性ホルモンも急激に増加する時期です。


ワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)はこのようにホルモンが急に増減したり、バランスが崩れたりすると出やすくなるのですが、特にニキビやワキガなどの体臭に関しては、男性ホルモンが強く関係していると言われています。


ですが、ワキガの原因はこれだけではなく、体質や普段の食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)も大きく関係しているものです。


ご存知のように、肉食生活のほうが体臭が強くなると言われています。


また元々体質的に体臭が強い人と、そうでない人がいるのも事実です。


ですから、同級生と比較しても、飛躍的成長が激しい男女のワキガが激しいか?


と言われれば、決してそうだからと言ってないのです。


とはいえ、やはり、成長期のホルモンバランスの乱れはワキガと密接な関係があるため、成長が早まっている現代の子供たちの場合、小学校の頃からワキガを心配する保護者の方も増えてきています。


しかし、このような成長過程でのホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れが原因のワキガは、その時期特有のもので、時期をすぎればおさまることも多いのが普通です。


よほど強いワキガでなければ、制汗剤(男性は約半?、女性は四人に三人くらいの人が使っているのだとか)や消臭剤などを利用して対処し、あまり神経質にならないほうがいいかもしれません。
[PR]
# by itlp1aqp | 2012-10-27 16:06 | ワキガ