ワキガでお悩みのあなた!原因をチェックして改善させましょう。


by itlp1aqp

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ワキガの原因って?

ワキガとは、脇の下にあるアポクリン腺から分泌される汗の成分が発する臭いです。


脇の下には誰にでもアポクリン腺(耳垢が柔らかい人は脇の下のアポクリン腺の量も多い可能性が高いと考えられています)があり、汗の成分が出されているのですが、その臭いには大変な個人差があります。


アポクリン腺(腋窩や外耳道、乳暈などに存在し、体臭の原因になる分泌液を出します)から出た汗そのものの臭いと言うよりは、皮膚の細菌によって分解された時の臭いと言うのがただしいでしょう。


特に、汗をかきやすく細菌が増殖しやすい夏場は臭いがきつくなるのです。


ですから、基本的には常に清潔に保っていれば、臭いは発しないということになるのです。


でも、一日に何度も頻繁にシャワーを浴びることは実質的に困難ですよね。


そのため、如何しても臭いが発せられてしまうわけです。


それに、汗のニオイとワキガは全く違いるかもしれません。


一般的な汗とアポクリン腺から出る汗では、その成分にも違いがあり、アポクリン腺から出る汗にはアンモニア(常温では気体で無色ですが、独特のニオイがあります)などが含まれています。


また、色素も含まれているため、ワキガの方は洋服の脇の部分が黄色くなることがあります。


アポクリン腺はその数にも個人差があり、ワキガの方はそのアポクリン腺が他の人より多いと言われています。


ワキガの臭いに関しても、かなりの個人差が出てきます。


日本人の場合は、およそ10人に1人くらいの割合で腋臭の人が存在すると言われています。


自分ではなかなか臭いに気が付きありませんが、ワキガ臭に大変敏感な人もいるため、電車の中などで見知らぬ人の表情によって自分のワキガを知ったというケースもあるようです。


関連サイト
ワキガ対策!ワキガの臭いを改善させるには?
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:12 | ワキガ
ワキガのニオイは、脇の下のアポクリン腺という特殊な汗腺から出た汗を細菌などが分解するにあたって発する臭いだと言われています。


アポクリン腺から出る汗そのものは、アンモニアなどが含まれているものの、実質的には無臭だと言われており、その汗を細菌が分解する際に独特の臭いになると考えられているのです。


ですから、汗といっても一般的な汗臭さとは全く臭いが違います。


そのため、清潔にして細菌が少ない状態を保ったり、汗が出ないようにしていれば、臭いは極力抑えることが可能ということですね。


本来なら、頻繁にシャワーを浴びるのが理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的です。


でも、なかなかそうはいきませんから、夏場などは特に、制汗剤を使用したり汗脇パットなどを利用して、吸収させてしまうのがよいでしょう。


欧米で香水が発達したのは、腋臭の人が多い事が理由と言われています。


香水などを利用して臭いを目立たなくすることも一つの方法ではありますが、あまり香水を使い過ぎるとむしろ異臭になってしまいますから気をつけなければならないでしょう。


また、アポクリン腺は脇毛の量と密接な関係があるとされています。


それに、脇毛があると細菌が繁殖しやすいですから、女性の場合は脇毛の処理をすることで臭いをある程度は抑制できるでしょう。


ただ、男性の場合はなかなか処理することは難しいですよね。


そのほかに自分で出来るケアとしては、体臭のきつくなる肉類を避けた食事を心がけるという方法もあるでしょう。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:11 | ワキガ

ワキガの治療法って?

ワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)の対策は、対症療法と根治療方法があります。


対症療法とは、少しでも臭いが少なくなるよう清潔に保ったり、臭いを抑えるクリームを塗ったり、脇毛の処理をしたりなど、日々の対策を行うことです。


これに対して、根治療法とは、「ワキガそのものを治してしまう」ことをいいます。


最近では、比較的、簡単に・安全にさまざまな根治療方法が行われるようになりました。


ワキガ手術も色々な種類がありますから、金額や安全性などメリット・デメリットをよく考えて判断するとよいでしょう。


ワキガ治療には、以下のような方法があります。





◆ワキガ手術皮膚の下のアポクリン腺(大汗腺、離出分泌腺とも呼ねれています)を手術にて除去。


皮膚ごとアポクリン腺を切除してしまう方法・皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)を切開してアポクリン腺を除去する方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)・小さな穴を開けてアポクリン腺を吸引する方法といったものがあります。





◆レーザー治療メスを使用せず、レーザーの照射によってアポクリン腺を破壊する手術です。





◆マイクロリムーブ治療小さな穴から治療器具を挿入して、汗腺を破壊する手術です。





◆超音波治療小さな穴から超音波機器を挿入し、超音波によってアポクリン腺を破壊する手術です。





◆ボトックス注射アンチエイジング美容整形などにも利用されるボトックス(ボツリヌス毒素から抽出した成分)を注射する治療方法です。


現在では、このようにさまざまな治療法があります。


メスを使わない手術や、脇に小さな穴を開けるだけの手術など危険性も少なくなっています。


また、ボトックス注射のような手軽な治療法もありますが、定期的に注射をする必要があります。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:10 | ワキガ

ワキガは遺伝する?

残念ながら、ワキガは遺伝することが確認されています。


このため、子どもに遺伝するのではないかとお悩みの人も大変多いようです。


ワキガの原因は、脇の下にあるアポクリン腺の数だとなっているんです。


アポクリン腺は全身にある汗腺とは違う汗を出す器官ですが、その数が多いとワキガになるとされているのです。


そして、そのアポクリン腺の数は遺伝すると言われているんですね。


ワキガの体質は優性遺伝のため、両親のどちらかがワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)体質を持っているだけで、その子どもに発症する可能性があります。


また、両親が揃ってワキガの場合には、その子どもはワキガのダブルファクターになる場合もあるかもしれません。


ダブルファクターとは、両親から各ひとつずつもらった遺伝子の両方がワキガ体質と言う事です。


優性遺伝とはどちらか一つだけでも受取れば、つまり、シングルファクターでも発症するものなのです。


でも、両親がともにワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)の場合には、その子どもはダブルファクターになる可能性があり、その場合にはその子どもは100%ワキガ体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)が発症してしまうことになります。


遺伝子は全て、両親から各一つずつもらった二本で一対になっています。


父がワキガのシングルファクターで、母がワキガ体質ではない場合、以下のようになります。


父 Aワキガ(腋臭症ともいわれる腋窩の汗が独特の悪臭を発する症状のことです)体質 Bワキガ体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)ではない/母 Cワキガ体質ではない Dワキガ体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)ではないこの場合、子どもは以下の様な割合でワキガ体質になるのです。


父A・母Cと父A・母Dの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質シングルファクター


50%父B・母Cと父B・母Dの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質ではない


50%両親共にワキガ体質シングルファクターの場合は、以下のようになります。


父 Aワキガ体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう) Bワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)体質ではない/母 Cワキガ体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます) Dワキガ体質ではない父A・母Cの遺伝子をもらった場合は、ワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)体質ダブルファクター


25%父A・母Dと父B・母Cの遺伝子をもらった場合は、ワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)体質シングルファクター


50%父B・母Dの遺伝子を貰った場合はワキガ(腋臭症ともいわれる腋窩の汗が独特の悪臭を発する症状のことです)体質ではない


25%両親のどちらかがワキガ体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)ダブルファクターの場合父 Aワキガ体質 Bワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)体質/母 Cワキガ体質ではない Dワキガ体質ではない全ての組み合わせで、子どもはワキガ体質シングルファクター

100%
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:09 | ワキガ
ワキガはなかなか本人には、「どの程度きつい臭いなのか」が分かりませんから、尚更悩みは深いものではないでしょうか。


かといって、いくら仲が良い友人や恋人でも、なかなか「ワキガの臭い、どの程度気になる?


」なんて聞けるものではありません。


そこで出来るだけ、自分でなんとか予防・対策をしたいと考えるのは当然ですよね。


ワキガを抑えるには、幾つかのポイントがあります。


遺伝的な体質が原因の場合、ある程度抑えることは出来ても自分ではどうしようも無い場合もありますが、そうでない場合は、努力次第でかなりワキガが改善できるはずです。


例えば、喫煙や飲酒・臭いのある食べ物などは体臭のもととなります。


ですから、これらを控えるだけでも大きな違います。


基本的に、ワキガは汗や汗に繁殖した雑菌がニオイのもととなりますから、制汗剤を使ったりしながら、できるだけ清潔に保つ事も必要です。


男性の場合は難しいかもしれませんが、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)の場合は脇のムダ毛を永久脱毛してしまえば、汗をかいても雑菌の繁殖を大幅に抑える事が可能になります。


また、ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスがたまると体臭はきつくなる傾向がありますから、日頃から(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)をためないようにしたり、睡眠不足(集中力が低下したり、免疫力が低下したりするでしょう)なんかのホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)を崩すような生活習慣を改善することも効果があります。


つまり、なるべく体臭がきつくならないような生活や食事を心がけ、極力清潔に保ち、制汗剤・消臭剤・殺菌剤などを上手に利用することで、かなり臭いを抑えることが出来ますね。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:08 | ワキガ

ワキガは再発する?

重度のワキガの場合には、根本的に完治させる為に手術を受ける事が必要となってきますが、それでも手術をしてワキガが再発したケースは多数報告されています。


ワキガの手術と言うものは、ニオイの原因となっているアポクリン肝腺を全て取り除く事で治療をしています。


このアポクリン肝腺を全て除去出来ていれば再発する可能性もほとんど無いのですが、皮膚の真皮にまでアポクリン肝腺の根の一部が潜り込んでいる場合があります。


こういう場合には、熟練した技術力が必要となってきますので、十分な経験のある病院で手術を受けないと、実際にはアポクリン肝腺の全てを除去すると言う事はむずかしいだと言われているのです。


また、成長期のうちにワキガの手術をしてしまうと、成長するにつれてアポクリン腺(この汗腺から分泌する汗は細菌が繁殖しやすく、悪臭の原因にもなります)も元に戻ってしまう可能性が高いとも言われていますね。


ワキガは手術をして完治したと思っていても、何年後、または、何十年後になって再発してしまう事も少なくありません。


折角、手術をして長年の悩みから解放されたと思っていても、思わぬ時期に再発してしまってショックを受けないようにするのでにも、ワキガの手術を受ける際には、様々な病院でカウンセリングを受けるようにして下さい。


近年、全国にワキガ治療専門の病院が多数でき、専門医も数多くの中から選ぶ事が出来るようになりました。


信頼出来る先生に巡り会う事がワキガの再発を防ぎ、完治するための第一歩ともいえるのではないでしょうか。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:07 | ワキガ
ワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)の原因は人それぞれ違ってくるものですが、ワキガが出始める時期はだいたい思春期(思春期うつ病を患ってしまう子も増えているようです)頃と言われています。


それは、ワキガの原因の一つである「ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の崩れ」が発生してしまいやすくなるからです。


思春期の頃は、女性は女性ホルモンが増加し、男性は男性ホルモンが増加するわけですが、男女ともに男性ホルモンも急激に増加する時期です。


ワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)はこのようにホルモンが急に増減したり、バランスが崩れたりすると出やすくなるのですが、特にニキビやワキガなどの体臭に関しては、男性ホルモンが強く関係していると言われています。


ですが、ワキガの原因はこれだけではなく、体質や普段の食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)も大きく関係しているものです。


ご存知のように、肉食生活のほうが体臭が強くなると言われています。


また元々体質的に体臭が強い人と、そうでない人がいるのも事実です。


ですから、同級生と比較しても、飛躍的成長が激しい男女のワキガが激しいか?


と言われれば、決してそうだからと言ってないのです。


とはいえ、やはり、成長期のホルモンバランスの乱れはワキガと密接な関係があるため、成長が早まっている現代の子供たちの場合、小学校の頃からワキガを心配する保護者の方も増えてきています。


しかし、このような成長過程でのホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れが原因のワキガは、その時期特有のもので、時期をすぎればおさまることも多いのが普通です。


よほど強いワキガでなければ、制汗剤(男性は約半?、女性は四人に三人くらいの人が使っているのだとか)や消臭剤などを利用して対処し、あまり神経質にならないほうがいいかもしれません。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:06 | ワキガ