ワキガでお悩みのあなた!原因をチェックして改善させましょう。


by itlp1aqp

ワキガの原因って?

ワキガとは、脇の下にあるアポクリン腺から分泌される汗の成分が発する臭いです。


脇の下には誰にでもアポクリン腺(耳垢が柔らかい人は脇の下のアポクリン腺の量も多い可能性が高いと考えられています)があり、汗の成分が出されているのですが、その臭いには大変な個人差があります。


アポクリン腺(腋窩や外耳道、乳暈などに存在し、体臭の原因になる分泌液を出します)から出た汗そのものの臭いと言うよりは、皮膚の細菌によって分解された時の臭いと言うのがただしいでしょう。


特に、汗をかきやすく細菌が増殖しやすい夏場は臭いがきつくなるのです。


ですから、基本的には常に清潔に保っていれば、臭いは発しないということになるのです。


でも、一日に何度も頻繁にシャワーを浴びることは実質的に困難ですよね。


そのため、如何しても臭いが発せられてしまうわけです。


それに、汗のニオイとワキガは全く違いるかもしれません。


一般的な汗とアポクリン腺から出る汗では、その成分にも違いがあり、アポクリン腺から出る汗にはアンモニア(常温では気体で無色ですが、独特のニオイがあります)などが含まれています。


また、色素も含まれているため、ワキガの方は洋服の脇の部分が黄色くなることがあります。


アポクリン腺はその数にも個人差があり、ワキガの方はそのアポクリン腺が他の人より多いと言われています。


ワキガの臭いに関しても、かなりの個人差が出てきます。


日本人の場合は、およそ10人に1人くらいの割合で腋臭の人が存在すると言われています。


自分ではなかなか臭いに気が付きありませんが、ワキガ臭に大変敏感な人もいるため、電車の中などで見知らぬ人の表情によって自分のワキガを知ったというケースもあるようです。


関連サイト
ワキガ対策!ワキガの臭いを改善させるには?
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:12 | ワキガ