ワキガでお悩みのあなた!原因をチェックして改善させましょう。


by itlp1aqp

ワキガの臭いを自分で抑えるには?

ワキガのニオイは、脇の下のアポクリン腺という特殊な汗腺から出た汗を細菌などが分解するにあたって発する臭いだと言われています。


アポクリン腺から出る汗そのものは、アンモニアなどが含まれているものの、実質的には無臭だと言われており、その汗を細菌が分解する際に独特の臭いになると考えられているのです。


ですから、汗といっても一般的な汗臭さとは全く臭いが違います。


そのため、清潔にして細菌が少ない状態を保ったり、汗が出ないようにしていれば、臭いは極力抑えることが可能ということですね。


本来なら、頻繁にシャワーを浴びるのが理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的です。


でも、なかなかそうはいきませんから、夏場などは特に、制汗剤を使用したり汗脇パットなどを利用して、吸収させてしまうのがよいでしょう。


欧米で香水が発達したのは、腋臭の人が多い事が理由と言われています。


香水などを利用して臭いを目立たなくすることも一つの方法ではありますが、あまり香水を使い過ぎるとむしろ異臭になってしまいますから気をつけなければならないでしょう。


また、アポクリン腺は脇毛の量と密接な関係があるとされています。


それに、脇毛があると細菌が繁殖しやすいですから、女性の場合は脇毛の処理をすることで臭いをある程度は抑制できるでしょう。


ただ、男性の場合はなかなか処理することは難しいですよね。


そのほかに自分で出来るケアとしては、体臭のきつくなる肉類を避けた食事を心がけるという方法もあるでしょう。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:11 | ワキガ