ワキガでお悩みのあなた!原因をチェックして改善させましょう。


by itlp1aqp

ワキガの治療法って?

ワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)の対策は、対症療法と根治療方法があります。


対症療法とは、少しでも臭いが少なくなるよう清潔に保ったり、臭いを抑えるクリームを塗ったり、脇毛の処理をしたりなど、日々の対策を行うことです。


これに対して、根治療法とは、「ワキガそのものを治してしまう」ことをいいます。


最近では、比較的、簡単に・安全にさまざまな根治療方法が行われるようになりました。


ワキガ手術も色々な種類がありますから、金額や安全性などメリット・デメリットをよく考えて判断するとよいでしょう。


ワキガ治療には、以下のような方法があります。





◆ワキガ手術皮膚の下のアポクリン腺(大汗腺、離出分泌腺とも呼ねれています)を手術にて除去。


皮膚ごとアポクリン腺を切除してしまう方法・皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)を切開してアポクリン腺を除去する方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)・小さな穴を開けてアポクリン腺を吸引する方法といったものがあります。





◆レーザー治療メスを使用せず、レーザーの照射によってアポクリン腺を破壊する手術です。





◆マイクロリムーブ治療小さな穴から治療器具を挿入して、汗腺を破壊する手術です。





◆超音波治療小さな穴から超音波機器を挿入し、超音波によってアポクリン腺を破壊する手術です。





◆ボトックス注射アンチエイジング美容整形などにも利用されるボトックス(ボツリヌス毒素から抽出した成分)を注射する治療方法です。


現在では、このようにさまざまな治療法があります。


メスを使わない手術や、脇に小さな穴を開けるだけの手術など危険性も少なくなっています。


また、ボトックス注射のような手軽な治療法もありますが、定期的に注射をする必要があります。
[PR]
by itlp1aqp | 2012-10-27 16:10 | ワキガ